電気自動車の充電する場所

●家での充電


電気自動車の充電は、自宅でするのが基本です。


普通の人の感覚では、車と言えば、ガソリンを給油するので
ガソリンを自宅に保管するのは、危険なため
殆どの場合は、ガソリンスタンドで給油をします。


ですから外で給油をするのが当たり前の感覚なので
外で給油する場所がわからないと不安になってしまいますが
家で充電してから行くのが基本だと考え方を変えておきましょう。


日産のリーフの場合、
車の購入者に充電専用の200ボルトの
コンセントの設置を奨めています。


このコンセントにつなぐと
約8時間でリチウムイオンバッテリーを
満充電にすることができます。
これでエアコンなどを使用しなければ200km走ります。


8時間といえば長く感じるかもしれませんが
車を降りたあとにコンセントに差してほっとけば
次の日には、満充電になっているので
特に気になりませんし、たまにすればいいだけです。


●外での充電

自宅の充電が基本といっても
やはり外での充電も必要です。


自宅で充電するのを忘れることもありますし
長距離移動する場合は、途中で充電することも必要です。


例えば日産の場合では、
全国にある日産の販売店約2200店の内、
約200箇所に急速充電器を設置しています。
この200箇所は、半径40km圏内にあるようにしています。
ただし、販売店の場合は、
営業時間しか充電できないということを知っておきましょう。


高速道路のSAやPAに設置されています。
高速道路にある急速充電器を使用する場合は、
NEXCOに事前登録するとICカードが届くので
それを急速充電器にかざすと充電できるようになっています。


他にも地方自治体や商業施設、
一部のコンビニなどにも設置されています。


そのためETCのスマートインターチェンジなどを使って
最寄りの充電可能な場所を検索し充電することができます。

ただし、ガソリンと違ってどうしても充電には、

時間がかかってしまいます。

それが理由で電気自動車に嫌気が差して

車を売ってしまう人もいるようです。

もし電気自動車を売りたいとおもったら

ラビットの車買取で高く売る方法で電気自動車を売ってみましょう。

そうすれば高く車を買い取ってもらえます。